株式投資って何?まず何をすればいいの?

企業は纏まった資金が必要になった際に株式を発行して出資者に買い取ってもらうことで纏まった資金を得ます。
また出資した企業が成長していくと、その企業の株の価値は高くなります。
価値が高くなったところで売却すると買ったときの金額と売ったときの金額の差の分だけ利益が出ます。
価値が上がりそうな企業の株を買って、価値が上がったときに売ることで生まれる差の分の利益を受取るのが株式投資です。
その差の分の利益のことを売却益といったりキャピタルゲインといったりします。
インカムゲインは配当や株主優待などによる利益のことです。
配当とは企業が前年度決算から今年度決算までに生み出した利益を自分の会社の株主に一部還元することです。

大きな利益を得やすい売却益などのキャピタルゲインは今や投資のメインとなっています。
配当金などのインカムゲインは、キャピタルゲインのおまけといった印象がありますが、配当はリスクを伴わない純粋な利益です。
そして、本来投資は応援したい会社を出資するかたちで応援し続け簡単に売りさばいたりしなかったものでした。
配当金は会社が出資者の応援に感謝の気持ちを込めた恩返しのようなものです。
代々投資を行っている莫大な資産を持った投資家はインカムゲインの力を大事にしています。

株の取引は証券取引所という場所で日々行われています。
証券取引所の取引に参加するには、証券会社に投資のための口座を作ることが必要です。
証券会社に投資のための口座が開設されて始めて、株式投資ができるようになります。
証券会社にも色々ありますが初心者の方には手数料が割安なインターネット専業の証券会社がお勧めです。
まずはネット証券会社に投資のための口座を作ることから始めればいいのです。