女性の方が株式投資に向いている?!

最近のインターネットでの株取引において獲得した利益の男女間での平均額を比較すると女性の方が明らかに稼いでいる、という傾向が浮かび上がりました。ではなぜ男女間でこのように差が開いてしまったのでしょうか。それはまず投資目的に違いがあったからです。男性は資産を形成する目的で投資をしているのに対し、女性は配当や株主優待に重点を置いて投資を行う傾向があります。ではそもそも情報収集面で男女間に違いがあるのでしょうか。まず男性の方ですが、インターネットニュースや経済誌の記事を活用しているようです。では女性の方は何を見ているのでしょうか。口コミや、商品やサービスの売れ行きや評判に注目しているようです。では取引の頻度はどうなっているのでしょうか。ここ1年間で株を売買する頻度は全体で月平均6.4回です。女性に限定してみてみると半年に1~2回となっています。このような結果から、男性は株投資を始めてからモバイルによる売買が増加しました。この結果、携帯電話をよく見るようになった、と回答した方が多くなりました。一方で女性のほうは売れ筋の商品が前より気になるようになった、企業が前よりも身近な存在になった、と考え方の変化が見られます。このような男女の違いからぼんやり見えてくるのが、日々の細かいニュースや株価の値動きに惑わされるのではなくて、1度株を購入したらあとはどっしり構えるというスタイルがいい結果をもたらすようです。なお、配当や株主優待を目的に長期でじっくりと保有する女性の方も多いようです。また銘柄選びでも口コミのネットワークを活用したり、実際に商品を吟味したりと流行に敏感な女性だからこそ投資に活かされるものがあるのではないでしょうか。